PSVITAは、今や日本市場以外に価値を見出せる状況にはないとした上で、PSVITA2000が北米など海外でリリースされたものの、ユーザーの関心、興味を引き付けることが出来なくなっているとしていて、PS4のアクセサリーとしてもその役目を担う期待がされていたが、現実ではそのような結果には結びつかずに、PSVITAの今後が不透明だとしています。

そんな中で、携帯ゲーム機市場を再び世界に売り込むためには、PSP2を作り、全てのゲーム(PS1~PS3など)をすべて対応させた携帯ハードを独自に出すべきであって、それがもし実現すれば価値の高いものとして受け入れられるだろうと見解しています。

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/blog-entry-27998.html#more




確かに構想だけ聞くと夢のようなマシンかもしれませんが・・・。でも携帯機には携帯機にマッチした独自タイトルが必須なわけで、単に豊富な据え置きタイトルが遊べるというだけでは、海外ユーザーは大きなテレビで遊ぶ方を選択すると思いますがね。

そもそも、それってクラウド上でPS2やPS3のゲームが遊べるようになる『PlayStation Now』がPS Vitaにも対応したらほぼ叶っちゃうのでは?
深刻なソフト不足に陥っている今、サービスで勝負するしかないというのは確かなので方向性としてはあながち間違っていないかもしれませんが・・・。




PlayStation Vita Wi-Fiモデル ライトブルー/ホワイト (PCH-2000ZA14)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-10-10)
売り上げランキング: 114


スポンサーリンク