image



最近では任天堂のamiiboの大ヒットで日本にもようやく浸透してきた、おもちゃに命を吹き込む『Toys to Life』というジャンル。

そのジャンルの開拓者ともいうべき『Skylanders(スカイランダーズ)』シリーズの総売上が30億ドルに達したことが、アクティビジョンの販売データより明らかになりました。

また、フィギュアの販売数は合計2億4000万個に達しています。


image



amiiboも世界累計1050万個を出荷したと発表がありましたが、それでも規模の大きさからいうと『スカイランダーズ』が頭一つ抜けている印象。そこは後発になってしまった以上、仕方ないことでしょうか。やはり元祖は強いです。

勿論『amiibo』の場合は、ソフトが主でフィギュアはオマケ的な扱いであることが殆どなので、他と比べるべきではないでしょうが。

この手のジャンルは店頭での棚争いが激しく、ディズニーの『ディズニーインフィニティ』の他にも、今年は新たにレゴも参戦してくるらしく、ますます激化していくことになりそうです。


http://www.gameinformer.com




スポンサーリンク