image

PlayStation 4やWii U、Xbox Oneといった次世代ゲーム機は腰をすえてしっかりとプレイするには最高のデバイスですが、スマートフォンの普及によりモバイル端末でゲームを手軽に楽しむ人も増えています。そんな中、調査会社のNPD Groupが子どもの間で家庭用ゲーム機とモバイル端末のどちらが好まれているのか調査を行ったところ、子どもはゲームをモバイル端末でプレイする傾向があることが判明しました。

調査結果では、2~17歳までの子どもの63%がモバイル端末で、45%が家庭用ゲーム機でゲームをプレイしていることが判明しました。家庭用ゲーム機でゲームをしている子どもの割合は、2013年の67%から22%も減少しています。家庭用ゲーム機で遊ぶ子どもの減少傾向は、年齢別に見てもほぼ全ての年齢で見受けられ、特に減少が大きかったのは2~5歳の子どもとのことです。

http://gigazine.net/news/20150926-kids-prefer-game-mobile/


家庭用ゲーム機で遊ぶ子供の割合が2013年の67%から、わずか2年で45%と、22%も減少しているとの海外での調査結果。特に2〜5歳の子供の減少が大きかったとありますが、やはり家庭用ゲーム機に子供が遊べるゲームが少ないというのも問題の一つでしょう。まあ、これは任天堂ハードの不調がそのままデータに反映されているだけのような気もしますが。

初めて触れるゲームが、家庭用ゲーム機ではなくスマホだという子供が増えたら、その子供達が大人になった時、はたしてゲーム機を買ってくれるのかどうか? やはり『ゲーム体験の入り口』となる役割って重要だと思うんですよね。

まだ日本だと3DSが好調なので、その役割を担っていると言えそうですが、大人向けゲームに市場が偏っている海外の方が長い目で見れば深刻な気もします。


PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
PlayStation 4
ソニー・コンピュータエンタテインメント


スポンサーリンク