image


累計2000万DLを達成する大手アプリ開発会社『Nagisa』のiOSアカウントがApp Storeから削除されたことが話題になってます。

Nagisaは『マンガ無双』『SLIDE MOVIES』『今日、彼女が死んだ』など、いずれも数100万ダウンロードの実績を持つ人気アプリを多数配信。

10月7日にそれらのアプリがApp Storeから全て削除。Nagisa名義のアプリが一つ残らず消えてしまいました。また検索インデックスからアカウント名『nagisa.inc』が候補に表示されなくなったことから、同社のアカウントごと消滅したとの見方が濃厚となっています。

image
↑なおGoogle Playの方は無事のようです。


アダルトコンテンツの締め出しに厳しいアップル。今回のアカウント削除は、Nagisaが提供する人気漫画アプリ『マンガ無双』で、アップルの審査時だけ一般漫画だけが閲覧出来るようにしておき、審査後にアダルト漫画を配信したことが原因と見られています。

今回の件に関しては120%以上『Nagisa』に非があるので擁護のしようもないけど、累計2000万DLを誇る規模の会社でも一瞬でアップルの意思一つでアカウントごと消されてしまうのだから恐ろしい話です。要するに常にランキング上位にいる、LINE、ガンホー、mixi、あとコナミだって同様に削除される可能性があり、アップルの手のひらの上ってことですから。

実際に、規約違反が原因でApp Storeから『モンスターストライク』が消えたということもありました。ただモンストの場合はアプリ配信停止だけだったのですぐに復活しましたが、Nagisaの場合はアカウント削除なので復活は容易ではないと思われます。

今後、ガチャ課金のようなビジネスモデルだってアップルが駄目と言ったら全て終わりなわけで、改めて危ない商売だなと感じた次第でした。




スポンサーリンク