image


ファミ通にて、2015年の国内家庭用ゲーム市場の速報が掲載。

【各ハードの販売台数】
ニンテンドー3DS / 218万9900台(2003万6956台)
PS Vita / 95万9342台(438万2417台)
Wii U /82万304台(294万3587台)
PS4 / 120万5163台(213万0733台)
PS3 / 18万8207台(1020万6741台)
Xbox One / 1万8093台(6万4051台)

【年間ソフト販売本数 TOP10】
1位:3DS/モンスターハンタークロス
244万1977本(244万1977本)
2位:3DS/妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
196万5202本(196万5202本)
3位:3DS/どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー
128万2880本(128万2880本)
4位:Wii U/Splatoon(スプラトゥーン)
106万4897本(106万4897本)
5位:3DS/ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
86万4865本(86万4865本)
6位:Wii U/スーパーマリオメーカー
67万4194本(67万4194本)
7位:3DS/モンスターストライク
63万6709本(63万6709本)
8位:3DS/妖怪ウォッチ2 真打
62万5223本(263万2550本)
9位:3DS/リズム天国 ザ・ベスト+
60万7343本(60万7343本)
10位:3DS/ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
53万8669本(53万8669本)

http://www.famitsu.com/news/201601/06096700.html


2015年のゲーム市場規模は、ハード市場が前年比91.5%の1300.5億円。ソフト市場が84.3%の1909.1億円となり、全体では前年比87.1%の3209.7億円となりました。

かつてないほどダブルミリオンが連発した2014年と比較して87%なら、まあ十分健闘したと言えるかな? 3DSの人気シリーズが年末に大ヒットしたことに加えて、PS4やWii Uの勢いが増した事も影響してると思われます。

各ハードでは、ニンテンドー3DSが年間218万台を販売し、累計2000万台を突破! さすがに年間販売台数では減少傾向に入っている3DS。今年2月発売の安価版となるニンテンドー2DSでどこまで伸ばせるのかに期待しましょう。

Wii Uは年間82万台、累計で294万台。年始分を集計すると既に300万台を突破している計算になります。2015年は『スプラトゥーン』と『スーパーマリオメーカー』で盛り返した印象があったWii Uですが、まだ累計だと300万台しか売れてないんですよね…。流れは確実に来ているはずなので、今の勢いを維持したまま今年に繋げて欲しいところです。




スポンサーリンク