image


任天堂が新たに取得したとされる、携帯ゲーム機関連の特許情報が明らかになっています。

今回明らかになった特許内容は、画像のように赤外線カメラ/距離センサーを利用し、手の動きなどを認識することで画面内の映像を操作するというもの。

image
image
image
image



その他、プロジェクターを使って手に投影させたボールを画面に向かって投げるという、野球ゲームの技術なども明らかになっています。

image



面白そうではあるけど、実際にどうゲームに落とし込むのかは課題がありそうですね。

まあ今回の特許情報も、あくまでも任天堂が取得している数ある特許の中の一つであり、実際に次世代ゲーム機『NX』に採用されるかどうかとは別でしょう。とはいえ、やはり何か特殊な操作方法を取り入れてくる可能性は高そうです。


関連記事: 任天堂の次世代ゲーム専用機『NX』は、携帯版、据置版が同時発売との予想

スポンサーリンク