image


SCE 伊藤雅康氏のインタビュー記事が掲載。ついに発売時期、価格が明らかになった『プレイステーションVR』について語っています。

image


――PS VRの発売時期が2016年上半期から10月に遅れた。

 10月に延期した理由にはPS VR対応タイトルを増やすためというのもある。2016年内で対応ゲームが50タイトル以上発売される。PS VR専用のタイトルもあれば、サブコンテンツ(ミニゲーム)のような形でPS VRに対応するなど、さまざまな形態がある。PS VR対応コンテンツの開発に取り組んでいるディベロッパーは既に230を超えている。


――PS4の実売数は3600万台を超えており、4000万台に手が届くところまで来ている。その10%、400万台が売れるのではないか、という予測がある

 我々もそのくらいの数字を目標にしている。1年以内に実現したいと考えている。PS VRがPS4の販売をけん引することも期待している。


――通常のPS4ゲームをプレーしたり、映画や写真などを視聴したりできる「シネマティックモード」を搭載する。

普通のユーザーの場合、対応ゲームをまずは1、2本買ってプレーする。ただそのゲームをずっとプレーしているだけでは飽きてしまう恐れがあるので、他のエンターテインメントもPS VRで楽しめるようにした。基本的に、PS4で体験できるようにしたい。また、ユーザーが撮影した360度映像も視聴できる。


――3次元(3D)立体視可能なゲームが一時的にブームになったが、すぐに収まった。VRもそうなる恐れはないか。

 そうはならない。3Dゲームは、あくまで従来の表示方法やゲームの延長線上にあった。一方VRはまさにゲーム空間の中に「入る」もので、まったく新しい体験を提供できる。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/031500041/031600013/?P=1


目標販売台数は1年以内に400万台。PS4の普及台数の10%程度とのことなので、上手くいけば実現可能な数字でしょうか。問題は、最初は10%くらい一気に売れたとしても、そこから一般ユーザーに波及していくかどうかですね。

あと、従来のヘッドマウントディスプレイとしての機能も備えているということで、映画やPS4のゲームなど、VR非対応のコンテンツも大画面で楽しむことが出来るとのこと。これは何気に大きい。

まずは、PS4の販売店などに置いて貰って、実際に体験出来るようにするそうです。PS VRはどれだけ多くの人に体験して貰えるかに掛かっていると思うので、これは良い試みですね。





スポンサーリンク