image

image
image

http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20160406076/


今週は『妖怪ウォッチ』と『三國志』のコラボタイトル、3DS『妖怪三国志』が初週27万本を販売して首位を獲得。

スピンオフとしては、昨年発売された3DS『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊』の初週69万本より半減していますが、逆に言うとSRPGで『三国志』という子供受けしないジャンルを初週27万本まで引っ張ったのだから、さすが『妖怪ウォッチ』とも言えそう。

『ポケモン』と『信長の野望』がコラボした、DS『ポケモン+ノブナガの野望』の初週17万本と比較しても、その好調ぶりが伺えるかと。


PS4『スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-』は初週11万本。前作のXbox360『スターオーシャン4』の初週16万本より落とす結果となりました…。

まあ個人的には無難な数字かなという印象ですが、やはり据置向けの大作RPGとしては厳しい数字なのかな。あとは遅れて発売されるPS3版がどれだけ売れるかですが、あまり期待は出来なそう…。


ハード市場では、PS4が3万台、ニンテンドー3DSが2.9万台を販売。そしてWii Uは0.3万台と、これはもう出荷数を増やす気は無さそうですね…。


関連記事: 現在、Wii U本体が全国的に品薄状態!?軒並み『売り切れ』で入手困難に



スポンサーリンク