image


2016年3月期 決算説明会の質疑応答が公開。

任天堂の次世代ゲーム専用機『NX』や、Wii U/3DSの計画について説明しています。

Q1. 2017年3月期のWii Uハードの販売計画台数がNX(現在開発中である新しいコンセプトのゲーム専用機の開発コード名)の発売時期の影響もあってかなり少なく想定されているが、計画作成の段階でニンテンドー3DSへの影響についてどのように考えたのか。

取締役社長 君島 達己:
Wii Uハードの通期販売数量の予想を80万台に設定したことで3DSビジネスに対してマイナスの影響が出るということは考えていません。3DSには2017年3月期には、先ほどのプレゼンテーションでご紹介しました大型タイトルがあり 、タイトルも充実しています。それらがハード・ソフト両方の販売に大きく貢献すると思います。また、Wii Uの販売計画を80万台に下げたことによって、3DSにフォーカスできるという意味でプラスに考えたいと思います。



Q11. Wii Uの2017年3月期の販売台数の前提が非常に弱い数字になっている一方で、NXの収益貢献も織り込まれていると思うが、この前提を見ると、「ある程度NXに自信があって、スタートダッシュをかけますよ」という数字に見える。Wii Uの減少を新しいNXでカバーできると考えているのか。

君島:
2017年3月期においてはWii Uのハードは80万台の販売を計画しており、前年度に比べると240万台程度の減少を見込んでいます。それを何でカバーするかといいますと、基本的には、NXとスマートデバイスのビジネスが中心になり、その他、ダウンロードコンテンツのビジネスなども含まれます。ただ、Wii Uハードの販売台数の大幅な減少によって影響を受ける売上高については、NXの販売によってかなりの部分がカバーできるという想定で計画を立てています。

https://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/160428qa/index.html


2016年3月期の決算参考資料によると、2016年に任天堂から発売予定のWii Uタイトルは『マリオ&ソニック ATリオオリンピック』と『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』の2本。

image


このラインナップのまま、夏商戦や年末商戦を乗り越えられるとも思えないので、3DSにフォーカスするというのは自然な流れでしょうけど、Wii Uも現行機である以上、なんらかの展開は用意してくるはず。

変な話、Wii Uユーザーに幸せになって貰うことに重点を置くのなら、『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』みたいな小粒な新作で目先のスケジュールを埋めるよりも、好調な『スプラトゥーン』や『マリオメーカー』のアップデートを継続していくことの方がベターかと思います。

実際『スプラトゥーン』は、発売から1年近く経った今でも、購入者の半数以上がフェスを楽しんでいるそうですしね。

ところで2014年のE3で披露された『Project Giant Robot (仮称)』が発売日未定のまま残ってますが、もしかすると、これが今年のどこかで発売される可能性はあるかも?


関連記事: 現在、Wii U本体が全国的に品薄状態!?軒並み『売り切れ』で入手困難に


スポンサーリンク