image


朝日新聞による、任天堂 君島達己社長へのインタビュー記事が掲載。任天堂の次世代ゲーム専用機『NX』についてコメントしています。

 ――発売時期は2017年3月で、今年の年末商戦には間に合いません。遅くないですか。

 「ソフトの開発状況にあわせたためです。3月発売と言っても、最初のゲームを遊び終わった方は、春に、夏休みに、クリスマスにと次々にソフトを買いたくなってくる。ハードの発売時だけではなく、その後も考えてソフトのラインナップを組み合わせないといけないんです」

 ――来年3月に出るなら、今年はゲーム機を買うのをやめようという人が出ませんか。

 「我々のビジネスは勢いのビジネスです。Wiiに比べれば、Wii Uの勢いはご存じの通り。NXが出れば減速すると思います。でも3DSは今年、ポケモンの新ソフトが出ます。ポケモン自体はいま勢いがいいので、NXを出すことによるマイナスの影響は出てこないと思います」

 ――3DSが影響を受けないのは、NXがWii Uと同じ据え置き型だから、というふうにも聞こえますが。

 「そう捉えられやすいですね。でもNXはWii Uの後継機でも3DSの後継機でもない、と言っています。新しい遊び方が出てくるので、今のWii Uよりはインパクトがあるとは思いますが、Wii Uの代替ですかと言われると違います」

 ――価格も注目です。任天堂は、買いやすい価格にこだわってきた歴史がありますが。

 「任天堂のゲーム機を買っていただくための価格帯というのは、ある程度あります。開発者はいろいろな機能をつけたがりますが、赤字で出すことはできません。そのせめぎあいで、最終的な形が決まりました。『新しいものだから、今までのゲーム機よりもはるか高い』というやり方は、ないと思っています」

http://digital.asahi.com/articles/ASJ5903YMJ58PLZB00Z.html


「NXは、Wii Uや3DSを単純に置き換えるものではない」という発言は、岩田社長時代から言われていたことですね。

まあ、この辺は「ニンテンドーDSはGBAの後継機ではない」と言いながらも事実上は後継機という扱いになったのと同じで、新しいコンセプトの商品を作る時のお約束のコメントとも受け止められますが。

何をもって「後継機ではない」と捉えるかは意見が分かれそうですが、少なくともNXが出てからも3DSやWii Uのソフト開発を継続するという意味ではないでしょう。現実に不可能でしょうし。

そして、NXの価格帯については、「任天堂のゲーム機を買って貰う為の価格帯」「今までのゲーム機よりもはるかに高いというやり方はないと思う」とのことなので、Wii U程度の価格が上限になりそうかな。まあこの言い方だと、多少は高くなる可能性も含んでいますが。

しかし相変わらず、NXに関しての質問には、ちゃんと話しているように見えて、何一つ明確なコメントを返していませんね(笑)


関連記事
株式会社ポケモン、「NX」向けにゲーム開発へ! 石原社長『NXは据置き機と携帯機の概念を変えようとしてる』

任天堂『NX』は、テレビに接続可能な『携帯ゲーム機』になるとの噂

宮本茂氏、「NX」の詳細が公開されないのは、ある「アイデア」の為。性能を向上させただけにはならない




スポンサーリンク