image



現在配信中の任天堂のスマホアプリ『Miitomo(ミートモ)』。ほぼ日刊イトイ新聞にて、糸井重里氏と本作のプロデューサーを務めた任天堂・坂本賀勇氏の対談がスタートしました。

http://www.1101.com/nintendo/miitomo2016/2016-06-30.html


最近はあまり起動していない『Miitomo』ですが…。対談自体はなかなか興味深い内容になっています。

坂本さんが担当した『トモダチコレクション』がMiitomoの元になっているのは多くの方が感じていたことでしょうが、さらに遡るとGB『とっとこハム太郎 ともだち大作戦でちゅ』というタイトルに行き着くそうのだです。

このタイトルは、ハム太郎と会話をして、自分や友達の生年月日をどんどん登録していくことで、相手との相性がわかったりする、占いによってコミュニケーションのきっかけを作ってくれるゲームでした。

そこから発展させて、もっと大人向けのものを企画した際に、友達リストを登録する為の似顔絵エディタを作ろうとしたことが後の「Mii」に繋がったそうです。

なにやら意外なタイトルが出てきて驚きましたが、こういう発想の連鎖って他にも色々あるんでしょうね。

対談は全6回の予定となっています。



スポンサーリンク