image



今週のメディアクリエイト調べのハード販売台数にて、PS4がWii Uの累計販売台数を抜き、現行の国内据置ハードのトップになったことが明らかになりました。


PS4とWiiUの累計販売台数は、先週の時点ではWii Uが4.5万台ほどリードしていましたが、今週PS4が4.9万台を販売したことで、PS4が逆転する形となりました。現時点での両ハードの累計販売台数は約326万台となっています。

PS4が新型&値下げで伸びたこともそうですが、特にWii Uは『NX』への移行のため販売計画を大幅縮小しており、ここ最近の販売台数は0.5万台以下まで減少していたので、抜かれるのは時間の問題だったと思います。

なので逆転の要因が、PS4が絶好調だからというよりは、Wii Uが販売縮小していることの方が大きいので、あまり景気のいい話ではない気もしますが。もはや任天堂も現行機では3DSの方にフォーカスしていますし。

まあ海外ほどではないにしろ、国内でもPS4が波に乗ってきたのは確かなので、あとは国内の大型タイトルさえ揃えば大きなヒットも期待出来ると思います。


関連記事
Wii U、欧州で最終受注の受付を開始か? 9月30日で締め切りに

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
PlayStation 4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント


スポンサーリンク