image



大規模なAAAタイトルの開発ついて、『アンチャーテッド』シリーズでディレクターを務めた元ノーティードッグのAmy Hennig氏が、その過酷な労働環境について語っています。

AAAタイトルは開発者を破壊する。『Uncharted』シリーズの Amy Hennig氏が語る過酷な労働環境

ゲーム開発が終盤にさしかかると、プロジェクトチームは締め切りに追われ、徹夜をふくむ長時間労働を連日くりかえす期間が訪れる。『Uncharted』シリーズにいたっては、約2年おきに新作をリリースするという窮屈なスケジュールが影響し、常時“Crunch”状態であったという。

「Naughty Dogs時代に勤務時間が週80時間を切ることはなかった。週7日、最低でも1日12時間働き続ける日々が10年間続いたわ。稀に1日2日休みを入れることはあったけどね」。もちろん、Hennig氏はプロジェクトリーダーであったため他のメンバーよりも業務量は多かったと思われるが、他のメンバーも健康を悪化させ、私生活でも離婚を経験するなど、長時間労働により何かしらを犠牲にするケースは多かったという。


jp.automaton.am/articles/newsjp/amy-hennig-interview-crunch/


どんどん膨れ上がるゲームの開発規模における労働環境の悪化は、今後のゲーム業界にとって切実な問題。

『アンチャーテッド』シリーズは特に、ユーザーの求めるハードルがシリーズ毎に上がっていく一方なので、その期待に応える為には過剰に物量を詰め込み、より規模の大きなゲームにしていくしかないでしょう。

かといって膨れ上がる開発規模に比例して、販売本数が伸びるというわけでもないので、当然そのしわ寄せは開発スタッフにくるわけで…。このままでは日本だけでなく海外もモバイル中心になるのでは?と心配になってくる。

特にオープンワールドなんか規模が大きければ大きいほど良いみたいな風潮もありますし。どこかで歯止めをかけないとマズイ気がする…。


関連記事
Wii U『ゼルダの伝説』最新作が「オープンワールド」と言われる事のジレンマ



アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(通常版)
PlayStation 4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

スポンサーリンク