image



AppleのCEO、ティム・クック氏が来日し、京都の任天堂本社を訪問したことを自身のTwitterにて報告しています。

まずは『おはようございます!』というコメントと共に、伏見稲荷大社を訪れた写真を投稿。その後、任天堂本社を訪問し、宮本茂氏、手塚卓志氏らとiOSアプリ『スーパーマリオ・ラン』に興じたことを報告しました。





数年前までは、ある意味でスマホとは敵対関係にあった任天堂ですが、そのことを忘れてしまうくらい微笑ましい光景。当時では考えられなかったことですね。

それにしても、AppleのCEOが直接訪問するなんて、Apple発表会での扱いの大きさといい、Appleの『スーパーマリオ・ラン』への期待の大きさは相当なものなんですね。




スポンサーリンク