image


1994年11月25日にチュンソフト(現スパイク・チュンソフト)よりスーパーファミコンでリリースされ、アドベンチャーゲーム史に残る名作として語り継がれる『かまいたちの夜』。同作が大胆なリメイクを受けて復活を遂げる。

週刊ファミ通2016年12月1日号(2016年11月17日発売)では、新たなスタイルでゲームファンの前に登場する『かまいたちの夜 輪廻彩声』を独占スクープ。原作の持つゲームシステムのおもしろさはそのままに、小説的に魅せるサウンドノベルのコンセプトからあえて離れ、イラストともに物語を楽しむライトノベル層へ向けたアレンジが施された同作。スタイルを変えても、そのおもしろさは変わらないという原作ゲームの本質的な魅力をお伝えしていく。

image


www.famitsu.com/news/201611/15120575.html



『かまいたちの夜』といえば、シルエットのみのキャラクターがお馴染みのシリーズでしたが、今回はライトノベル層が好むような萌え絵キャラクターに大胆リメイク。

個人的には思入れもあって大好きなシリーズなので、今回のリメイクには最悪の印象を持ちましたが、ただ今のユーザーに手に取って貰うには仕方ないのかなぁと。今の時代、『影』だけのキャラクターが出てくるテキストアドベンチャーなんて、それだけで拒否反応を起こされそうなので…。

記事のタグに「PS Vita」とあるので、どうやらPS Vita向けっぽいですね。ならアニメ絵化も納得か。



スポンサーリンク