image



株式会社バンダイが『今年のクリスマスに関する意識調査』アンケートの結果を公開。親から子供へのプレゼントの総合1位に『ゲームソフト』が選ばれました。

image

www.bandai.co.jp/kodomo/pdf/question232.pdf


アンケートは0~12歳の子を持つ親600人を対象に実施。昨年は「知育玩具」が1位でしたが、今年は「ゲームソフト」が首位を奪還。

ちなみに男児の1位に「ゲームソフト」が選ばれた一方で、女児の1位は「ぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット」で、「ゲームソフト」は3位となっており、性別の違いがはっきりと表れる結果となっています。

3DSは、DSの頃に比べて女性比率が下がっているとのデータもあるので、性別を超えて楽しめるゲームを増やすことが今後の大きな課題になってきそう。

そして子供がゲームの情報を得る媒体は、1位が「テレビ番組(アニメ)」、2位が「テレビCM」、3位が「店頭」という、ネットではなく主にテレビから情報を収集していることが明らかに。ネットでは「Youtubeなどの動画サイト」が5位にランクイン。

image


プレゼントの平均予算は6,815円。これらの結果を踏まえると、メーカーがクリスマス商戦に目玉タイトルを用意できないことがどれだけ勿体無いことかが分かりますね。






スポンサーリンク