image



いよいよ2016年12月15日に配信開始となる、任天堂のスマホアプリ『スーパーマリオ ラン』。 本アプリが、『Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)』に対応しないことや、プレイ中にインターネット接続が必要であることなどが明らかになっています。


◆Nintendo Switchへの対応はなし


米任天堂社長のレジナルド・フィサメィ氏が、CNETに語ったところによると、『スーパーマリオラン』のNintendo Switch版をリリースする予定はないとのこと。

『Nintendo Switchは様々な入力デバイスや操作方法を持っていますが、スマホではスクリーンでの操作が全てです。』と、異なる種類の開発形態であることが理由と説明しています。

将来的にどうなるかは断定できませんが、どうやら現時点での対応はなさそうです。



◆プレイ中はネット接続が必須


さらに、任天堂の宮本茂氏がインタビューで語ったところによると、『スーパーマリオ ラン』をプレイ中はインターネット接続が必要であることも判明。これは海賊版など著作権問題の対策や、ゲームデータの管理を行う為とのこと。

ネット接続必須は、通常のスマホ向けソーシャルゲームではよくある仕様ですが、買い切り型のゲームとしては珍しい仕様でしょうか。

基本的にスマホは常時ネット接続してるのが当たり前なので、大抵は困ることは無さそうですが、一部環境によってはプレイできないこともありそうです。






スポンサーリンク