image



『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)』にて、任天堂のテーマエリア『SUPER NINTENDO WORLD』が東京オリンピック開催前にオープン予定であることが発表されました。


 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに、世界的人気を誇る任天堂のキャラクターと、その世界観をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD™」が世界で初めてやってきます。オープン時期は、2020年の東京オリンピック開催より前を予定しています。任天堂のテーマエリアは、2016年11月29日にユニバーサル・パークス&リゾーツおよび任天堂が発表した通り、米国オーランドおよびハリウッドと日本の世界3か所のユニバーサル・スタジオのテーマパークにオープンしますが、このユニバーサル・スタジオ・ジャパンが世界で最初にオープンすることになります。

 「SUPER NINTENDO WORLD」は、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を再現した、他に類を見ないライド・アトラクション(最新鋭技術を活用した世界初ライドとなる予定)、インタラクティブ・エリア、ショップ、レストランを有する二層構造の巨大複合エリアとなり、その投資額はユニバーサル・スタジオ・ジャパン1か所のみで500億円を超える規模となる予定です。

image


www.usj.co.jp/company/news/2016/1212.html


「SUPER NINTENDO WORLD」の投資額は500億円以上。これは「ハリーポッター エリア」の約400億円を超える大型投資で、ユニバーサルがいかに本気で取り組んでいるのかが分かると思います。

本エリアは、「スーパーマリオ」シリーズを中心に、任天堂キャラクターが多数集結するテーマエリアになるとのこと。ただ公開されたイメージビジュアル(あくまでもキーアートとのこと) やロゴが思いっきりマリオ風なので、やはり「マリオ」がメインになりそう。

オープンは東京オリンピック開催前。今から大ブームになることが予想されますね。


関連記事
任天堂、『ユニバーサル・スタジオ』と提携に至った経緯について説明。『ユニバーサル』側から提案


ちなみに先日ユニバーサルの新たな特許が公開され話題になっています↓

image
image
image

www.bizjournals.com


ドンキーコングのトロッコをモチーフにしたライド系アトラクションのようなものもありますね。実際に登場するかどうかは分かりませんが、想像するだけで楽しそう。



スポンサーリンク