image



いよいよ本日配信開始となった、任天堂のiOS向けゲームアプリ『Super Mario Run(スーパーマリオ ラン)』。早くも世界中のAppStoreのセールスランキングで1位を獲得するなど大ヒットを記録しています。

image


セールスランキング1位を獲得したのは、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、アイルランド、オランダ、他…、など。そのほか配信された殆どの地域でトップ3以内にランクインしています。

※セールスランキングとは、ダウンロード数ではなく、実際にどれだけユーザーがお金を支払ったかを示す順位です。

一方で日本国内はというと、現在6位。 日本のスマホ市場は世界でも最大規模なので、他のアプリが強すぎるというのもありますが、他国と比較しても低めの順位となっています。まあユーザーの意識の差が一番大きそうですが。

とはいえ、買い切り型の『スーパーマリオ ラン』がこの順位に食い込んだのは十分健闘しているといっていいかと。

ちなみに『ポケモンGO』もまだまだ多くの地域で上位を占めており、任天堂の関連アプリがかなりの存在感を示す状況となっています。




スポンサーリンク