image



12月15日に世界中で配信が開始され大ヒットを記録している、任天堂のスマホ向けゲームアプリ『スーパーマリオ ラン』。

本作は1200円の買い切り型アプリですが、現時点で新たな追加コンテンツの配信予定はないことを、WSJの望月崇記者が関係者の話としてコメントしています。




これによると、有料・無料に関わらず追加コースやキャラクターなど、追加コンテンツの配信の予定はなし。ただバグ修正などは行われるとのこと。

まあ発表前に問い合わせても、こういう回答が返って来るのは当然だし、将来的にどうなるのかはまだ分かりませんけどね。最近の任天堂は、1本のソフトを長く遊んで貰う為に追加コンテンツを定期的に配信することも多いですし。

ただ任天堂が1本のソフトを長く遊んで欲しい理由は、自社ハードの稼働率を上げる為でもあるので、スマホの様な他社プラットフォームには当てはまらないかもしれませんが。

となると、やはり最初の1200円で完結させるつもりなのか。仮にあるとしても有料でしょう。




スポンサーリンク