image



任天堂の宮本茂さんと青沼英二さんが、Nintendo Switch/Wii U用ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』について、海外の動画インタビューに応えています。


  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は1週間で全クリ(おそらくコンプリートのこと)するのは不可能。

  • このゲームの開発は、自分たちでどんどんゲームを育てていくような作業だった。終わった今もまだ育てきれていないところがあって、それをどうしようかと思っている。

  • スタッフの数は、30人から50人、100人、300人とどんどん増えていき、終わらなかったらどうしようと不安になった。

  • 今作は、初代「ゼルダの伝説」の自由さを、今皆さんに遊んで貰える形に置き換えたものになっている。

  • ゲーム開始すぐにラスボスのところに行ける。ただし普通にやればすぐにやられる。リンクをどんどん強くしながら、これなら勝てると思ったタイミングで、またいつでもボスにチャレンジ出来る。

  • 頑張りゲージを上げるのか、ライフを上げるのか、どちらの能力を上げるかによって、クリアの仕方が変わってくる。





ということで、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は1週間程度では遊び尽くせないボリュームになるとのこと。個人的には、どちらにせよ、1週間なんかでクリアしちゃったら勿体無いので、ゆっくりじっくり遊ぶつもり。

そして本作の特徴に、自由度が高いというのはよく言われていますが、本当に最初から何処へでも行けるようですね。ラスボスについては、最初の段階で「倒せるかもしれない」と匂わせているので、攻略法を見つけ出す猛者も現れそう。






関連記事
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で見直されたゼルダのアタリマエ、『ジャンプボタン追加』『ハートで回復の廃止』など

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の解像度、Wii U版が720p、スイッチ版が900pと明らかに

スポンサーリンク