image



任天堂の経営方針説明会にて、現在開発中の「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」のタイトル数が100タイトル以上になることが明らかになりました。


image


1月13日のプレゼンテーションの直後から、Nintendo Switch向けにゲームを開発したいという声が、続々と届き始めております。

プレゼンテーションでは、50社を超えるソフトメーカーさんが、80タイトル以上を開発中であるとお伝えしました。本日までにその数は、 70社以上、100タイトル以上になっています。今後のソフトウェアラインナップの発表にご期待ください。

www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2017/170201_2.pdf



1月13日のプレゼンテーションでは「50社80タイトル以上が開発中」と伝えられていましたが、プレゼン直後、参入を希望する声が増え、今では「70社100タイトル以上」になったそうです。

勿論、インディーメーカーの移植タイトルも多いとは思いますが、実際にプレゼンを見て、興味を持つメーカーが増えたのは良い傾向ですね。Joy-Conを活用したアイデア勝負のゲーム開発なんかは、大手よりインディーの方が挑戦しやすいと思います。

任天堂のスイッチ向けタイトルに関しては、目玉タイトルが年間を通して定期的に供給されるので、あとはサードパーティの新たな発表に期待したいところ。



スーパーボンバーマンR
Nintendo Switch
コナミデジタルエンタテインメント


スポンサーリンク