image



4月28日発売となる、Nintendo Switch用ソフト『マリオカート8 デラックス』の開発者インタビューがファミ通に掲載。本作が1080p/60fpsで動作することや、Wii U版のパワーアップ版になった理由などが語られています。


ファミ通に掲載されている、矢吹光佑プロデューサーへのインタビューによると、Nintendo Switchで開発をして、Wii Uからのパワーアップを実感したそうで、Wii U版の解像度が720pだったのに対し、ニンテンドースイッチ版では1080pを実現。フレームレートは60fpsで滑らかに動くそうです。

Wii U版をベースに開発したことで、その比較として、よりNintendo Switchのハードとしての特性を知るきっかけになったとのこと。

image


また、本作はアイテムの2個持ちが可能になっていますが、これはニンテンドースイッチになってメモリやCPUの性能が上がったことにより、12人全員がアイテムを2個ずつ持つことが可能になったからとのこと。

そして今回、完全新作ではなく、『マリオカート8』のパワーアップ版になった理由は、「なるべく早くお届けしたいという気持ちがあり、一から作るとユーザーを待たせてしまうから」として、『マリオカート8』をベースにSwitchの特徴を追求する方向に決めたそうです。

***************

パワーアップ版になったことは、Wii U版所有者にとっては複雑なところですが、今から一から作ると、あと何年も待つことになるし、とりあえずローンチ直後に『マリオカート』が遊べるというのは多くのユーザーにとって良かったのかな。

個人的にはWii U版だけで十分満足していますが、早くWii Uからの進化を体験してみたいという気持ちもあるので、一応購入予定。

まあ『マリオカート8』はシリーズの一つの完成形という気もしますし、オンラインゲームのように、1本のソフトでアップデートを繰り返しながら長く遊んでもらうという形式もアリなのかも。






スポンサーリンク