image



3月3日に発売され全国的に品薄状態が続いている、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Swicth(ニンテンドースイッチ)』。発売3日間の販売台数が33万台に達したことをファミ通が発表しました。



■「ニンテンドースイッチ」本体 売上速報
(集計期間:2017年3月3日~2017年3月5日/販売日数:3日間)
国内推定販売台数: 330,637台

■ニンテンドースイッチ向けソフト
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』売上速報
(集計期間:2017年3月3日~2017年3月5日/販売日数:3日間)
国内推定販売本数: 193,060本
※ダウンロード版の本数は含みません

 「ニンテンドースイッチ」の発売から3日間(初週)の販売台数は33.1万台となりました。また、ニンテンドースイッチ向けソフトでは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂/2017年3月3日発売)が、19.3万本と最も多く売り上げ、販売本数トップとなっています。

記事全文


Wii Uの初週30万台を上回る好調な滑り出し。Wiiの初週35万台は下回っているものの、商戦時期でもない3月発売としては上出来の数字でしょう。

ただ、PS4の初動も32万台だったことを考えても、新ハードのローンチが30万台程度売れるのは毎度のことなので、今の勢いだけで全てを判断するのは難しいとは思いますが。

Switchは少なくとも年内は、『スプラトゥーン2』、『ゼノブレイド2』、『スーパーマリオ オデッセイ』など、話題作が途絶えることなくリリースされるので、そこでどれだけ地盤を築けるかですね。


そして、対応タイトルでは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が19万本(DL版含まず)でトップ。ハード購入者の2人に1人以上が手にしている計算になりますね。Wii U版も同時発売でこの売上は凄いなぁ。

これはWii Uのローンチだった『Newスーパーマリオブラザーズ U』の16万本、『モンスターハンター3G HD』の10万本を上回る数字となります。




スポンサーリンク