image



3月3日にローンチを迎え、世界各地で品薄状態が続いている、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』。WSJによると、任天堂がNintendo Switchの生産計画を2倍に引き上げたと報じています。


任天堂は、3日に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の好調な需要を受け、2018年3月期の生産計画を少なくとも2倍に引き上げることを決めた。この計画について説明を受けた関係者が明らかにした。

関係者によると、任天堂と契約する生産会社は現在、18年3月期のスイッチ生産計画を1600万台以上としており、当初計画の800万台から引き上げた。これは在庫を考慮した場合でも、任天堂が18年3月期のスイッチ販売台数を1000万台超と見込んでいることになると関係者は話している。大方のアナリストが予想する販売台数はこれよりも少ない。

記事全文



あくまでも任天堂の公式発表ではないので、真偽の程は定かではありませんが、事実だとすれば、大ブームを巻き起こしたWiiに並ぶ生産ペースということになるので、かなり強気な目標設定と言えそう。

とりあえず今の勢いに加えて、今後は『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』など話題作が多数控えていることを考えると、十分実現可能な数字かと思います。

なんにせよ、今も買いたくても買えない状況が続いているので、そこは一刻も早く解消して欲しいところ。




スポンサーリンク