image



日経トレンディネットのインタビューに登場した、スクウェア・エニックスの松田洋祐社長が、任天堂の新型ゲーム機『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』への今後の展開についてコメントしています。


――Nintendo Switch(以下Switch)対応のタイトルの発売は、結構早かったように思います。

松田氏: Switchの発売に合わせて、『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』と『いけにえと雪のセツナ』を発売しましたし、『みんなでワイワイ!スペランカー』や完全新作の『Project OCTOPATH TRAVELER(プロジェクト オクトパストラベラー)』も今後発売することを発表しました。

 Switchに強い興味を持っているクリエイターは、どういう遊びができるか挑戦したいと意気込んでいます。プラットフォームが増えるということは、コンテンツメーカーにとってはいいことです。Switchにはぜひ成功してもらいたいです。新規タイトルの開発はもちろん、既存のゲームタイトルでも可能なものはどんどん移植したいと考えています。

 任天堂さんはいろいろな遊びを提案されます。Switchの特性を生かして「えっ?」と驚くような遊び方を提供する会社はほかにもあるかもしれませんね。ただ、われわれにはわれわれのやり方がありますから、Switchの機能を生かした自分たちが得意なゲームを作っていきます。

image


記事全文



確かに、まだまだ様子見しているメーカーが多い中で、スクエニはローンチ時から結構頑張っているんですよね。勿論、移植タイトルが多かったことは否めませんが。

今後については、『既存タイトルでも可能なものはどんどん移植したい』とコメントしているので、当分は『聖剣伝説コレクション』のような、短期で開発できる移植作を出しつつ、『Project OCTOPATH TRAVELER』のような完全新作の開発も行なっていくという形になりそう。

今のNintendo Switchの勢いを見てると、そろそろ本気でSwitchに本腰入れるメーカーも出てくると思いますが、果たして? 来年頃には沢山発表されていると嬉しい。


聖剣伝説コレクション
Nintendo Switch
スクウェア・エニックス


スポンサーリンク