image



「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の世界販売台数について、今年3月末までに約240万台を売り上げたと、調査会社のSuperDataが推測しています。

任天堂は3月の販売計画を200万台と発表しており、今回のSuperDataの推測によると、その販売目標を無事クリアしたということになります。

またSuperDataは、Nintendo Switchの2017年の販売台数を720万台と予想。以前に立てた予想の500万台を上回るとしています。(ちなみにWii Uの世界累計販売台数は1336万台)


今のところ、店頭に出荷してもすぐに売り切れ。この需要がどこまで続くのか予測は難しいですが、今後も『ARMS』『スプラトゥーン2』『スーパーマリオ オデッセイ』など、注目タイトルが多数控えていることから、少なくとも年内は勢いが続くようにも思えます。

まあ『スプラトゥーン2』などは大ヒット確実なのでいいとして、個人的には『ARMS』がヒットするかどうかが鍵になりそうな気がしています。


関連記事
Nintendo Switchの北米での販売台数が明らかに、「ゼルダBotW」は何故か本体より売れる

ARMS
Nintendo Switch
任天堂


スポンサーリンク