image



先日、ニンテンドー3DSの新型モデル『Newニンテンドー2DS LL』を発表した任天堂。 米任天堂のレジー社長は、今後も3DS向けのタイトルを発表していくとコメントしました。


「確実に今後も3DSプラットフォームに向けた新作を発表していきます。発表は継続的に行っていきます」とフィサメィはIGNに話している。

「一部の作品はE3で発表されます。E3の後に発表するタイトルもあります。我々にとってE3は重要なイベントですが、決定的な瞬間ではありません」とフィサメィは語る。「我々はNintendo Directという、ユーザーに直接話しかけることができる場も設けています。我々は、最もふさわしい瞬間に作品のニュースや情報を伝えたいと考えています」

携帯ゲーム機のサポートは2018年も続いていくのかという質問に対し、フィサメィはその通りだと述べた。

記事全文



現在、ニンテンドースイッチの好調が続いていますが、任天堂としては、当分は3DSとスイッチ、2つの柱を維持していく方針のようですね。まあこの辺は、先日「Newニンテンドー2DS LL」を発表したことからも見てとれますが。

3DS市場は、夏の発売ラッシュで再び大きく盛り上がりそうだし、E3などでも新作が発表されるとのことなので、当然、2018年もサポートは続くでしょう。

まあ、さすがに来年となると任天堂のタイトルは減りそうな気はするけど、どうなるかな?





スポンサーリンク