image



2017年3月3日、Nintendo Switch本体と同時発売された、スクウェア・エニックスの家庭用向けRPG『いけにえと雪のセツナ』。

本作が何故、短い準備期間の中で、Switch本体と同時発売を実現できたのか? その理由について、「Unite 2017 Tokyo」に登壇した本作の開発スタッフが説明しています。


image
image
image
image
image
image



『いけにえと雪のセツナ』が、何故ローンチタイトルに選ばれたのか、わりと疑問でしたが、主に「Unityを使用していた」「既出のマルチタイトルだった」「通信や対戦要素がなかった」「高負荷を必要とするゲームではなかった」などが決め手になったようです。

あとは、Nintendo Switchという新ハード向けに開発ノウハウを蓄積したいという目的もあったとのこと。

それにしても、結構ギリギリの状況で開発が進められていたんですね…。そう考えると、コナミの『スーパーボンバーマン R』が、リリース時に不都合だらけだったのも妙に納得。むしろよく完全新作をローンチに出せたなという感じ。


いけにえと雪のセツナ
Nintendo Switch
スクウェア・エニックス


スポンサーリンク