image



国内ではNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のローンチタイトルとして発売された、人気シミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』。本作の欧米市場における予約本数が11万本を超えたことが明らかになっています。


地域別の予約数は、欧州が3万6000本、北米では7万8000本。国内では2万本の出荷にとどまっていることから、特に海外市場の割合が高いことが伺える結果となっています。

ちなみに2015年にPS4で発売されたオリジナル版は、国内が6万本、国内を除く海外市場で11.2万本の出荷数となっていて、この勢いなら、Nintendo Switch版がワールドワイドでPS4版を上回る可能性も出てきています。

image



元々、海外でも根強いファンのいるシリーズでしたが、PSプラットフォームのイメージが強かっただけに、後発の完全版であるNintendo Switch版がここまで好調とはちょっと驚き。

これはNintendo Switch自体の勢いもあると思いますが、携帯モードでもTVモードでも遊べるというSwitchのコンセプトが、『ディスガイア』のプレイスタイルに特に合ったのかもしれません。

Switch版『ディスガイア5』を発表した時には、何故か株主が失望して日本一ソフトウェアの株価が反落するという事態も発生していましたが、結果、良い方向に転んでいるようでなにより。


魔界戦記ディスガイア5
Nintendo Switch
日本一ソフトウェア


スポンサーリンク