image



7月29日発売となる、ニンテンドー3DS版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の2つの特徴を紹介するニンテンドーダイレクトが公開されました。





3DS版だけの特徴である「すれ違い通信」では、すれ違ったプレイヤーと「ヨッチ族」を交換。

image


集めたヨッチ族は、最大8人でパーティを組んで「時渡りの迷宮」に挑みます。

image


「時渡りの迷宮」をクリアすると、「冒険の書の合言葉」を入手。この「冒険の書の合言葉」をヨッチ族の長老に渡すと、過去のドラゴンクエストの世界に行くことが出来るようになります。

image
image


想像以上に「すれ違い通信」が充実してるなぁ。過去のドラクエの世界に行けるというのは、もはやズルイというか、これは往年のドラクエファンなら、やらないわけにいかないというか…。

3DS版は2D画面もそうだけど、徹底的に往年のドラクエファンを意識した仕様になってますね。一方でPS4版は現代のゲームユーザーをターゲットにした印象。


また本日より、本作の「あらかじめダウンロード」が開始されています。ダウンロードはこちらから。


関連記事
PS4/3DS『ドラゴンクエスト11』、ゲーム序盤の実機プレイ映像が公開!




スポンサーリンク