image



1.ARMS(Switch)
28,748 累計:129,400

2.ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター(PS4)NEW
28,731 累計:28,731

3.アライアンス・アライブ(3DS)NEW
26,421 累計:26,421

4.Farpoint(PS4)NEW
17,100 累計:17,100

5.マリオカート8 デラックス(Switch)
13,545 累計:535,636

6.ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
8,312 累計:513,038

7.モンスターハンターダブルクロス(3DS)
7,210 累計:1,528,663

8.GOD WARS ~時をこえて~(Vita)NEW
5,291 累計:5,291

9.イースVIII -Lacrimosa of DANA-(PS4)
5,042 累計:53,006

10.GOD WARS ~時をこえて~(PS4)NEW
5,039 累計:5,039


◆ハード販売台数
Switch/22,361
PS4/19,095
New3DS LL/11,474
PS4 Pro/6,585
Vita/4,077
2DS/2,545
New3DS/710
Xbox One/265
PS3/201
Wii U/150

www.4gamer.net


今週のゲーム販売本数ランキングは、Nintendo Switch用ソフト『ARMS(アームズ)』が2.8万本を販売して2週連続で首位を獲得。2週目の推移としてはまずまずと言えそうかな。

3DS『アライアンス・アライブ』は初週2.6万本で3位にランクイン。2015年に同社から発売された、3DS『レジェンド オブ レガシー』の初週5.3万本から大きく数字を落としています。

今作はかなり評判が良いのですが、やはり前作の低評価が響いたようですね…。ただ前作と比較さえしなければ、フリューの新作としては悪い数字ではないですし、十分ヒットの部類に入るかと思います。

ハード市場では、Nintendo Switchが2.2万台と、『ARMS』発売週で一時的に伸びていた数字が、再びいつもの水準に戻っています。7月からは販売台数を増やすと発表しているので、そろそろ安定した供給を維持して欲しいところ。





スポンサーリンク