image



2017年冬に発売予定の、Nintendo Switch用ソフト『Xenoblade 2(ゼノブレイド2)』。

なぜ『ゼノブレイド2』の様な大規模タイトルが、Nintendo Switch初期の早い時期に発売することが可能になったのか? 本作の総監督を務める、モノリスソフトの高橋哲哉氏がTIMEの取材でその理由を明かしています。


高橋氏によると、前作Wii U『ゼノブレイドクロス』の開発時に、基礎となるアーキテクチャを作成していたことが大きいと説明。『ゼノブレイド2』では、そのアーキテクチャを土台に開発を進めたことで、開発速度を急速に早めることができたとのこと。

さらにNintendo SwitchはWii Uと違い、2画面に対応しなくてもよいというハードの特徴も、開発をわずかに早めた要因になったそうです。

モノリスソフトは、Nintendo Switchのライフサイクル初期に大規模RPGを投入したいと考えており、Wii Uでも同じことを目指したが、『ゼノブレイドクロス』の開発はとても難しかったと振り返っています。(※ゼノブレイドクロスはWii U発売の2年半後)。


image



当時は、こんなに早く新作が発表されるとは夢にも思わなかったので、驚いたものですが…。

以前から高橋氏は、Wii U『ゼノブレイドクロス』は、モノリスソフト初のHDタイトルということで、ノウハウを蓄積する為にあえて無茶な開発に挑戦したと語っていましたが、その時の開発経験が確かに生きていると言えそうですね。

まあそれにしても、これだけ速く出せるのは凄いことだと思いますけどね。HD開発の経験も他社より遅いわけですし。


関連記事
Nintendo Switch用ソフト『ゼノブレイド2』の約40分間のプレイ映像が公開!





スポンサーリンク