image



先月、SHARP製品公式Twitterアカウントが、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の収録タイトルに「0円」と評価する投稿をして炎上した問題で、シャープは当該アカウントの運営を停止することを発表しました。



◆ミニスーファミ収録ソフトに「0円」と評価して炎上


これは先日発表された「ミニスーパーファミコン」の収録タイトルについて、「SHARP製品公式アカウント」が自身の価値観を元に各タイトルに値段を付けた表を投稿。『聖剣伝説2』や『ロックマンX』など8タイトルに「0円」などと評価したもの。

image


これが問題となり、後に投稿を削除。任天堂への謝罪文を投稿していました。

炎上の詳細はこちら



◆シャープ公式より運営停止が発表


謝罪ツイート以降は更新が止まっていましたが、本日11日、もう一つの「シャープ公式アカウント(@SHARP_JP)」の方から、問題となった「SHARP製品公式アカウント(@SHARP_ProductS)」を運営停止とすることが発表されました。






******************

ということで、謝罪してからずっと更新が止まった状態でしたが、やはり運営停止になってしまいました。まあ、いくらなんでも自由にツイートしすぎましたね。

こういう間抜けな問題を起こした場合、中の人は一体どのような処分を受けるのだろうか?




スポンサーリンク