image



Nintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』が、北米のレーティング委員会(ESRB)の審査において、シリーズ初の「対象年齢10歳以上(E10+)」となったことが明らかになっています。

image


「E10+」の判定基準は、「暴力表現や乱暴な言葉」などが対象になるとのこと。

確かにマリオのアクションも暴力と言えなくもないですが、今回に限って一体何が引っかかったのだろう? 「キャプチャー」能力で戦車や恐竜などに乗り移って攻撃できるのが暴力的と判断されたのかな?

image



まあ「E10+」程度だと、国内の審査基準ではいつも通り「CERO:A(全年齢対象)」になると思われますが、これまでのシリーズとは一線を画す作品になりそうです。






スポンサーリンク