image



SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のアンドリュー・ハウス社長がBloombergのインタビューにてNintendo Switchについて言及しています。



ソニーのゲーム事業子会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のアンドリュー・ハウス社長は先週のインタビューで、スマートフォンが普及している時代に携帯型ゲーム機の魅力は限定的であることから、現時点で任天堂の新型ゲーム機「スイッチ」に対抗する機器を開発する計画はないことを明らかにした。

  スイッチは家庭の大画面テレビなどにつないで据え置き型ゲーム機として複数人で遊べるだけでなく、携帯型ゲーム機として屋外などに持ち出すことも可能。ハウス氏は「スイッチはハイブリッドデバイスでプレイステーション(PS)とは異なった手法や戦略」との認識を示した。

  ハウス氏は「現在はリビングルームで遊べるような製品に注力している」として、自社の携帯型ゲーム機「PSVita」の後継機投入時期などの詳細については言及を避けた。PSVitaは現在、日本・アジア地域以外では販売されておらず、携帯型ゲーム機については「大きなチャンスのある市場だとは見ていない」とした。


[引用:www.bloomberg.co.jp



まあ、海外でのPS Vitaの現状を知っている者なら、少なくとも今の時点でVitaの後継機に期待している人は皆無でしょう。

ニンテンドースイッチの登場によって、高性能な携帯ゲーム機というアドバンテージすら奪われてしまっている今、更なる高性能化を目指すよりは、今の据え置き市場に注力するのが正しい選択だと思います。

ただスイッチも最初の頃は、スマホがあるから売れないと散々言われていましたが、結果的に成功しているわけで、結局はアイデア次第という気もしますけどね。やはり単にVita路線の延長だけでは厳しいかと。



PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)
PlayStation 4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント


スポンサーリンク