image



ファミ通にて、2017年9月の国内家庭用ゲームソフト&ハードの売上データが発表されました。


【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位 New みんなのGOLF(PS4)
   SIEJA 144,511本
2位 スプラトゥーン2(Switch)
   任天堂 138,694本
3位 ウイニングイレブン2018(PS4)
   KONAMI 88,465本
4位 Destiny2(デスティニー2)(PS4)
   SIEJA 74,713本
5位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3DS)
   スクウェア・エニックス 73,563本


【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位 Nintendo Switch
   168,810台(先月1位 Nintendo Switch 254,489台)
2位 プレイステーション4
   114,630台(先月2位 ニンテンドー3DS 176,314台)


【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位 任天堂 39.8万本
2位 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 29.1万本
3位 スクウェア・エニックス 18.0万本


※集計期間は2017年8月28日~2017年9月24日(4週分)です。

引用:www.famitsu.com



2017年9月のゲーム売上はPS4『New みんなのGOLF』が14.4万本を販売してトップ。また上位5タイトル中3タイトルがPS4ソフトという結果となっています。

Nintendo Switch『スプラトゥーン2』は7月発売にも関わらず13.8万本を販売して第2位! 今後もジワ売れタイトルして長く君臨することになりそうだ。

ハード市場では、Nintendo Swicthが16.8万台を販売して7ヶ月連続で首位を獲得。ただ夏商戦によって出荷量が増えた8月の25.4万台から大きく減少してしまいました。

こちらは『スーパーマリオ オデッセイ』など年末商戦に向けて調整しているといったところでしょうか。




PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)
PlayStation 4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

スポンサーリンク