image


集計期間:2017年10月2日~10月8日(メディアクリエイト調べ)


1. マリオ&ルイージRPG1 DX(3DS)NEW
25,788 /累計: 25,788

2. スプラトゥーン2(Switch)
22,338 /累計: 1,212,901

3. マリオカート8 デラックス(Switch)
13,392 /累計: 734,133

4. FIFA18 (PS4)
13,169 /累計: 69,088

5. 英雄伝説 閃の軌跡III (PS4)
12,581 /累計: 99,841

6. ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX (Switch)
11,831 /累計: 88,768

7. ドラゴンズドグマ:ダークアリズン(PS4)NEW
11,666 /累計: 11,666

8. スナイパー ゴーストウォリアー3 (PS4)NEW
10,825 /累計: 10,825

9. ファイアーエムブレム無双(Switch)
8,024 /累計: 49,514

10. ウイニングイレブン 2018 (PS4)
6,266 /累計: 97,712



◆ハード販売台数
Switch/38,204
PS4/16,680
New2DS LL/12,658
New3DS LL/8,534
PS4 Pro/5,869
Vita/3,545
2DS/1,594
New3DS/265
Xbox One/186


[引用:www.4gamer.net

<<先週のゲーム売上ランキング



マリオ&ルイージRPG1 DX

今週のゲーム販売本数ランキングは、14年ぶりのリメイク作、3DS『マリオ&ルイージRPG1 DX』が2.5万本を販売して首位を獲得。2.5万本で第1位という全体的に低めのランキングとなっています。

前作比では、3DS『マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』の4.9万本、3DS『マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー』の初週9.9万本から大幅に減少。

まあ概ね前評判通りの売上といったところでしょうか。もっと前作経験者にも手を出して貰えるような分かりやすい違いがあれば良かったのですが、GBA版のドット絵も十分魅力的でしたからね。



Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

ハード市場では、Nintendo Switchが3.8万台と、先週の7.3万台から再び元の水準へと戻っています。どうやら『スーパーマリオ オデッセイ』の発売まではこれくらいの数字で推移していきそう。




スポンサーリンク