image



ファミ通の編集長などを務めた「Gzブレイン」の浜村弘一氏が、PS4『モンスターハンター ワールド』の販売本数について全世界で1000万本を狙えるとの見方を示しています。


ゲーム誌「ファミ通」の編集長などを務めた「Gzブレイン」の浜村弘一社長は13日、カプコンの「モンスターハンター」シリーズの最新作「モンスターハンター:ワールド」(2018年1月26日発売)について、「うまくすれば世界で1000万本が狙える」との見方を示した。

 同日に東京都内で開かれたセミナーで明らかにした。世界で1000万本を売るゲームには、「ポケットモンスター」シリーズなどがあるものの、日本のメーカーには極めて高いハードルとなっている。“大台”を狙える理由について「過去のシリーズは(欧米で不人気の)携帯ゲームだったから。「ハンティング(狩り)ゲーム」は欧米でも注目されているので、(大台の)可能性はゼロでない」と説明。「細かい話になるが、(ゲーム中の武器の)ボウガンもマシンガンのようになっており、欧米で受け入れられるための工夫をしている」と指摘した。


[引用:mantan-web.jp



うーん…。本気で1000万本売れると予想しているのか、リップサービスであえてデカイ数字を出してきたのかは謎ですが。かなり大きく出ましたね。

まあ今回はオンラインも無料だし、海外向けにアレンジもされているので、同じ据置向けのWii『モンスターハンター 3(トライ)』の全世界220万本よりは上を狙えると思いますが、それでも1000万本は相当無茶な数字に思えます。

E3での会場の反応はかなり良かったそうなので、据置機で出しさえすれば、潜在的な需要はもっとあるということなのでしょうか?






スポンサーリンク