image



2017年10月18日付のメディアクリエイト調べにて、Nintendo Switch/Wii U用ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の国内累計販売本数が、GC『ゼルダの伝説 風のタクト』を上回ったことが明らかになりました。

GC『ゼルダの伝説 風のタクト』の国内累計販売本数は74万本

そして『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、Nintendo Switch版が61万953本、Wii U版が13万3024本で、合計74万3977本

3Dの本編ゼルダとしては、『時のオカリナ』の114万本に次いで、歴代2位の売上となりました。


image



先月の『トワイライトプリンセス』超えからの、今度は『風のタクト』超え。

過去の3Dゼルダの国内販売本数は、N64『時のオカリナ』が114万本、『ムジュラの仮面』が60万本、GC『風のタクト』が74万本、Wii/GC『トワイライトプリンセス』 が64万本、Wii『スカイウォードソード』が36万本となっています。

ここ最近はずっと右肩下がりでしたが、ここへ来て一気に立て直しましたね。作品の評価とハードの勢い、この条件が揃えば、国内でもまだまだゼルダは売れるということが証明されました。

そう考えると、『風のタクト』はゲームキューブでこれだけ売れたのだから凄い。






関連記事
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』感想、オープンワールドが本物の自由を手に入れた!任天堂の最高傑作!


スポンサーリンク