image



Nintendo Switch発売1年目から積極的なソフト展開を行なっているコーエーテクモゲームス。同社の決算会見にて、襟川社長がNintendo Switchのビジネスについて言及しています。







これによると「発売前からニンテンドースイッチは成功すると思っていた」と。確かにコーエーテクモの今のスイッチ向けラインナップを見るに、発売前から大きくリソースを割いていたのは明らかですし、その辺は見る目があったと言えそうですね。

売上の方も思った通りの結果を上げているようで、今後も続々とスイッチ向けにタイトルが発表されそう。

コーエーテクモは現在までに、『FE無双』『Winning Post 8 2017』『Champion Jockey Special』『よるのないくに2』『三國志13』『信長の野望・創造』などをリリース。

今後も、『無双シリーズ3作品』『リディー&スールのアトリエ』『進撃の巨人2』『信長の野望・大志』などが発売予定となっています。





スポンサーリンク