image



2017年11月21日に配信開始となった、『どうぶつの森』のスマートフォン向けアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が、配信6日間で約1500万ダウンロードを突破したことが、調査会社SensorTowerより明らかになりました。


image



同期間に集計された他の任天堂のスマホアプリと比較すると、『スーパーマリオ ラン』の3200万DLに次ぐダウンロード数で、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の700万DLを大幅に上回る出足となっています。

また『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は日本国内の人気が最も高いようで、米国では売上ランキング72位と、10位以内に入った国内と比べると、やや鈍い出足と言えそうです。

元々、海外でも人気のあるIPでしたが、さすがに日本ほどの超人気IPではないので、このアプリを通じて『どうぶつの森』を知って貰うことが一番の目的なのかなと。今後の世界的な広がりに期待したいところ。







スポンサーリンク