image



12月8日に米国で開催された世界最大のゲームアワード「The Game Awards 2017」にて、Nintendo Switch/Wii U用ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 』が大賞となるゲームオブザイヤー(GOTY)に輝きました。

今年のGOTYノミネート作品は、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『スーパーマリオ オデッセイ』、『Horizon Zero Dawn』、『ペルソナ5』、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』といった5作品。

この中から見事、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がGOTYに輝きました。


授賞式の様子はコチラ↓



司会者から『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と読み上げられた瞬間に会場は大歓声。

本作のプロデューサーの青沼英二さんと、ディレクターの藤林秀麿さんがステージに登壇。青沼さんが「サンキュー アメリカ!」と米国のファンに向けて感謝の気持ちを述べたあと、2人が日本語でスピーチを披露しました。

image
image



ということで予想通りゼルダがGOTYを受賞。今年はゼルダで決まりだろうという雰囲気はあったものの、実際に結果が出るまでどうなるかは分かりませんでしたが、無事受賞できて本当によかった。

本作は他にもイギリス最大のゲームアワード「Golden Joystick Awards 2017」でもGOTYを受賞するなど、今年のゲーム賞を総ナメ。日本のゲームが海外の大作に押され気味の昨今において、圧倒的な存在感を示すことができました。

なお本アワードにて、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の追加コンテンツ第2弾が本日配信開始となったことも発表されました。





スポンサーリンク