image



ニンテンドー3DS用ソフト『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』を原作とした、実写映画版『ポケットモンスター』の全米公開日が2019年5月10日に決定したことを米ユニバーサル・ピクチャーズが発表しました。


image


 「ポケットモンスター」史上初となる実写映画化作品の全米公開日が、2019年5月10日に決定した。米ユニバーサル・ピクチャーズが発表した。

 ニンテンドー3DS用ゲームソフト「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」を基に、父親を何者かに誘拐されてしまったティーンエイジャーの主人公(ジャスティス・スミス)が、ピカチュウとチームを組んで父親を捜すさまを描く本作(同ゲームのピカチュウは主人公と言葉を交わすことができる名探偵で、ちょっと偉そうだけど美人に弱い……という設定)。ピカチュウは映画『デッドプール』のライアン・レイノルズがモーションキャプチャーで演じる予定だ。

メガホンを取るのは『ガリバー旅行記』のロブ・レターマン監督で、来年1月中旬からロンドンで撮影が始まるなど猛スピードで進行中。本作の全米公開1週間前(2019年5月3日)には大ヒット作『アベンジャーズ』シリーズ第4弾の公開が決まっており、ポケモンがアベンジャーズに真っ向勝負を挑むことになる。


[引用元:cinematoday.jp


昨年、映画化権を獲得したとの報道がありましたが、ちゃんと企画が進んでたんですね。

ピカチュウはライアン・レイノルズがモーションキャプチャーで演じるそうです。原作ゲームのピカチュウもモーションキャプチャーを元に表情を取り込んでいるので、割と原作に忠実な作りになるのかもしれません。

これって原作知ってる人からすると、さほど違和感ないのですが、知らない人の方が批判的っぽいですね。まあ無理もないですが。







スポンサーリンク