image



任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の64GBゲームカードの投入が2019年にずれ込むと報じられています。

WSJによると、任天堂はニンテンドースイッチの64GB版ゲームカードの投入を2018年後半に予定していたが、技術上の問題により、2019年にずれ込むとソフトメーカーに伝えたとのこと。

image


現在、ニンテンドースイッチのゲームカードの最大容量は32GBとなっており、PS4やXboxOneのブルーレイディスクの50GBを下回っていることから、一部の大容量タイトルでマルチプラットフォーム展開の障壁になっていると言われていました。

例えば、ニンテンドースイッチ版『NBA 2K18』では、ゲームカードに全データを収録することが出来ず、追加データを購入後にダウンロードさせる仕様を採用しています。


image



延期の報道が事実なら、大容量ゲームカードの投入を当てにしていたソフトメーカーには少なからず影響が出そうですが…。

あと64GBまで容量が増えてコスト的に大丈夫なんだろうか? いっそのこと『NBA 2K18』のように追加データをダウンロードさせると割り切った方が現実的な気もする。


関連記事
Nintendo Switchのゲームカード、子供の誤飲防止に苦味成分を塗布




スポンサーリンク