image




2018年1月26日に発売となったPS4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』の国内推定販売本数の速報がファミ通にて公開。

発売3日間で135万本を販売したことが明らかになっています。


(集計期間:2018年1月26日~2018年1月28日/販売日数:3日間)

国内推定販売本数:1,350,412本
※限定版と本体同梱版を含む。(ダウンロード版の本数は含みません)

[引用元:famitsu.com



135万本突破は、『ファイナルファンタジー15』の初週69万本、『ドラゴンクエスト11』の初週95万本を上回り、PS4用ソフトとしては歴代トップ。初動だけでなく累計でも歴代最高となっています。

カプコンによると、世界累計出荷本数が500万本を突破したそうですが、実売の方でもなかなか好調と言えるのではないでしょうか。

またモンハン効果でPS4本体の売上も大幅に増加。前週の4.4万台から3.1倍の14万台となりました。これはローンチ以来、歴代2位の販売台数となっています。

ちなみに3DSで発売された、『モンスターハンター4』は初週170万本、『モンスターハンタークロス』は初週148万本、『モンスターハンター ダブルクロス』は初週84万本でした。




スポンサーリンク