image



任天堂は1月31日、2018年3月期(17年4月~18年3月)の売上高が大台の1兆円を超える見込みであると発表しました。

2018年3月期(17年4月~18年3月)の連結業績予想を上方修正。昨年10月に発表した売上予想の9600億円から1兆200億円に引き上げると発表。

スイッチ本体の販売台数も1400万台から1500万台へと上方修正しています。


image



もし売上高が1兆円を超えれば、2011年3月期以来、7年ぶりの大台突破になるとのこと。

2011年3月期といえばDS/Wiiの時代ということで、ニンテンドースイッチの世界的大ヒットによって任天堂の売上が大幅に伸びているのが分かりますね。


関連記事
任天堂、時価総額が6兆円を突破! Wii、DS時代以来の大台に

[引用元:itmedia.co.jp



スポンサーリンク