image



1990年に任天堂から発売された、スーパーファミコン用ソフト『スーパーマリオワールド』。

今もなお、世界中のプレイヤーによって本作のクリア時間を競うタイムアタックが盛り上がっていますが、海外のゲーマーがクリア時間54秒という驚きの記録を達成。

今回の記録を達成したSethBlingさんによる解説動画が公開されています。





クリア時間54秒という通常ではあり得ない記録から、明らかに正攻法なわけはなく、バグを利用して強制的にエンドクレジットを呼び出す方法となっています。

ヨッシーに甲羅を食べさせて火を吹いて、その火にまた甲羅をぶつけて…。と、一見すると何の意味があるのか分からないこの一連の行動がバグの発生条件になっています。

またマルチタップを使って、コントローラーを4個差した状態でそれぞれに特定の入力を実行することも、今回のバグを起こす条件となっているようで、かなり複雑な計算の元に実現させている模様。


image



ある意味反則技ですが、こんなものを見つけ出す熱量は凄い…。



関連記事
【動画有り】『スーパーマリオ オデッセイ』、世界最速クリア記録が1時間5分14秒を突破!




スポンサーリンク