image



Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに発表されている、シリーズ最新作『メトロイドプライム 4』の開発にバンダイナムコが関わっているのではないかと噂になっています。

『メトロイドプライム4』とは、2017年のE3で発表されたシリーズ第4作目。まだタイトル発表のみで詳細は不明ですが、久々のナンバリング最新作の発表ということで大いに盛り上がりました。





今回の噂の発端となっているのは、世界最大級のビジネス特化型SNS「Linkedin(リンクトイン)」内で発見された、バンダイナムコのシンガポールスタジオに勤めるスタッフのプロフィール。

そのプロフィール欄に、参加プロジェクトとして「未発表IP(ニンテンドースイッチ専用の一人称シューティングゲーム/アドベンチャー)」と記載されています。


image



具体的に『メトロイドプライム4』の名前が出ているわけではありませんが、ニンテンドースイッチ独占の一人称アドベンチャーということで、ファンからは「他に考えられない」と噂になっています。

ちなみに、これまで『メトロイドプライム』シリーズはレトロスタジオが開発を担当してきましたが、本作では関わっていないことが明らかなっており、どこが開発しているのか注目されていました。

バンダイナムコスタジオ自体は、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U/3DS』や『ポッ拳』の開発にも参加しているので、任天堂IPに関わることは不自然ではないですが、FPSはあまり開発経験のないジャンルなので、事実だとすれば少し意外かもしれないですね。

昨年の6月から何の音沙汰もないので、そろそろ新しい情報が欲しいところですが、あるとすれば今年のE3辺りですかね。




スポンサーリンク