image



カプコンは、PS4/XboxOne(海外のみ)用ソフト『モンスターハンター:ワールド』の全世界累計出荷本数が600万本(ダウンロード版を含む)を突破したと発表しました。





先日、発売3日間で500万本出荷という、『モンスターハンター』シリーズ歴代最速を記録したことを発表しましたが、さらに出荷数を更新。今度はカプコン史上最速での600万本出荷を達成しました。

カプコンの歴代売上本数は、トップの『バイオハザード5』が730万本、『バイオハザード6』が710万本となっており、『モンスターハンター:ワールド』は、早くも『ストリートファイターII』の630万本に次いで歴代4位となっています。


image



国内ではダウンロード版を含めると既に200万本突破しているとのことですが、海外でもかなりの数が売れているようですね。

消化率もいいみたいだし、この勢いなら『バイオハザード5』を超えて、カプコン歴代最高売上を記録する可能性は高そうです。



スポンサーリンク